2017-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自由人

つわぶき


何気なく 言った一言 運のつき


春に友人に無理言って貰ったツワブキがきれいに咲き始めた。

冬に向かってなんとなくうら淋しくなるが、この花を見ると少し元気になる。

私くらいの年になると、友人たちどうし何でも言い合えるが気を付けないと困ったことになる。


一例目

 私 「今度イルミネーションを見に、ハウス〇〇ボ〇に行くのよ」

 Eちゃん  「な~~んつまらん。あそこは大したことないよ」

 私の心 「今から行こうと思ってるのにけち付けて <`ヘ´>」


二例目

 Kさん 「これ、珍しくもないけれど、召しあがれぇ」

 私  「中身は分かるけど変わったパッケージね? 美味しそう!!」

 すかさず、Sさん  「本当の事言うと、大して美味しくないのよね」


 カッとなった私  「あなたも、レイチェル リンド夫人になってきたわね。

           事実だが、本当の事だが率直にいえば良いというものじゃないわ。」

 Sさん   「ムッ <`ヘ´> 」

 私は「しまった」と思ったが後の祭り。


三例目 

 私  「Sさんが、カクカクしかじか、、、、」

 一例目のEちゃん  「他人が食べようとしているのに、ケチつけるなんて酷い人ね。」


 イルミネーションにケチ付けた事忘れてるよ。




私もEちゃんやSさんと同じ事をしていないか、考えれば冷や汗ものかも。

スポンサーサイト

自由人

ふうらん


お父様 フリーダムすぎて 大笑い


友人Mちゃんは、月のうち半分は実家に帰って高齢のご両親をサポートしている。

しかし、頑固でわがままで自由人のお父様のもとで、俄かファーマーをするのはかなり大変なようだ。



エピソード①  ソラマメ事件

  畑にソラマメを蒔いて良い具合に育ってきたのを見て、

  「来週私が帰ってきて収穫するから、そのままでね。」

  次の週帰ってみると、ソラマメの痕跡は一切無かったそうだ。

  彼女が問いただすと、

  「俺は一切知らない <`ヘ´> !!」

  農協に相談にいったら、

  「猿かイノシシに食われたと思って、諦めるんですな。」

  Mちゃん、絶句 (T_T)



エピソード②  大豆事件

  数アールの田んぼに人を雇って、大豆をを蒔いた時、

  Mちゃん、「さぁ、鳩が来るから防鳥ネットをはろうかね。」

  お父様  「そんなもん張らんでもイイッ。紐を渡しときゃ鳩なんぞ来ん。<`ヘ´>」


  しかし、賢い鳩は紐をかいくぐって侵入し大豆は本葉が出る前に全滅。


  Mちゃん 「見てごらん、全部鳩に食われてしまったじゃないの (T_T) 」

  お父様  「ハトは腹いっぱいになったろう。(^◇^)」

  Mちゃん絶句。


エピソード③  極めつけの現金行方不明事件

  お父様が外に出かけるときは何かあって、お金が必要になるかもと

  お財布に現金を入れておいてあげてたら、空っぽにして帰ってくる事が多くなった。


  制限をかけると、お仏壇に供えられているお包ガドンドン無くなっていった。

  買い物をしたり、タクシーを使ったりした様子も無いので、問いただすと

  お父様、「近所の人がお金がなくて困っていると言うから渡した。」

  お母様とMちゃんが

      「そのお金はあなたに必要なお金なの、そんな事をしてはダメッ <`ヘ´> 」

  二人で厳しく叱ると

      「そんなに煩く言うぐらいなら、俺にはもう金は持たさないでくれ <`ヘ´> 」

  その逆切れ状態に、お母様とMちゃん絶句!!のち大笑い。 

 
  Mちゃんは 「もう笑うしかないのよね。」と遠い目で語ってくれた。


 

  

  

探し物はなんですか?

探し物はなんですか?


失せものを  探し回って  日が暮れる


探し物はなんですか?

情けないものですね、あなたを忘れました


井上揚水と中島みゆきの歌が頭の中でリフレインする。

今回の大騒ぎはカメラのバッテリー充電器。

ちょっと古い型なので、市内の電気店では無いし、取り寄せると7000円位する。

ある店では、バッテリーだけ取り寄せるよりは、ちょっと足して新しい物を買うほうが性能から言って

割安とかで、危うくその気になりそうだった。

私は「金時さん」ではないので、何とか踏み止まったよ。


気持ちをリセットして、定位置を探しなおして、「この赤いポーチは何?」

開けてびっくり、失せものが (@_@)

そうかぁ、10月に旅行した時にこじゃれたつもりでこれに入れたんだった!

引出しにしまう時は 透明な袋 に入れてしまわなきゃね。


携帯もしょっちゅう行方不明になるし、自分の行動も何をしてんだかと思う時もままある。

安いものなら探すよりは新しく買ったほうが早いので、つまらん物がいくつもあったりする。

探し物で日が暮れるだけではなく、年も暮れかかっているよ (T_T)



何とか年賀状も出し終わって、また探し物をしていたら喪中欠礼の葉書数枚でてきた。  (>_<)


ヤダーこんな事しながら今年も終わりそう。





クラクション

石


年経れば 尖った石も 丸くなる

ハズ! 筈だよね。

 梅雨の晴れ間、スーパーの帰りに、カートに荷物満載の老人が道を渡ろうとしていた。

 通行中の車はいったん停車して彼が渡りきるのを待っていた。

老人も済まなく思ったのか急いでいたが、荷物満載のせいか歩道のわずかの段差にひっ刈って一部が落ちてしまい

あせればあせるほど、もたついていた。

 反対車線には、タクシーが止まって後続の車は越すに越せない状況。

 カートを押していた老人が道路の真ん中辺りまで進んだ時、停車中の二台目の車がクラクションをいきなり

激しく鳴らしだしたではないか (>_<)

ビービーとすさまじく。

 状況が分かっていながら酷い事を.<`ヘ´>

 車が流れ出して運転手を見たら、ええ年こいた老夫婦。

「年寄りが年寄りを苛めるなっ」心で毒ついてしまったよ。




 それから数カ月後、先日のこと。

家の近くの交差点の横断歩道を渡ろうとしたら、いきなり後ろから激しくクラクションを鳴らされた。

自転車や歩行者を追い散らしながら、減速せずに交差点へ。

 広い道路の右側からは直進の車が、、、ほんの数十センチ手前で停車した2台が睨みあいに。

激しくクラクションを鳴らしながら件の車は本線の車に向かってさがれと拳を振り上げていた。

 本線の直進車は、睨みながらも動かなかったので、歩道の端に乗り上げながら強引に左折。

   運転手を見たら、老人!

この交差点は交通事故で死者も出た事がある場所なのに、減速もせずに左折なんて。

年寄りの運転はトロクテ危ない事が多いと聞くのに、暴走する危ない彼はもしや〇知症?


事故にならなくてホッとしたが、危ない老人が増えたことは確かだ。


   クワバラ クワバラ

 








勲章

koke2.jpg


苔婆と 嘲られても  居直るぞっ !!


友人から、顔やシミだらけの腕を指さされて「苔婆」と笑われてしまった。  (>_<)

「あんたに言われたかない」と言いたかったが友人は歌にもあるように、


目はパッチリと色白で小さな口元愛らしい


太った体はコロコロと。


余計なトラブルは避けて、「あはは」と笑うに止めた。


シミも皺も、タラチネも人生の勲章じゃ。悪いかっ  <`ヘ´>


と、開き直る今日この頃。


















NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

よればぁ

Author:よればぁ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (25)
あいさつ (1)
パソコン (2)
日常 (26)
節約 (1)
動物 (3)
手芸 (2)
植物 (11)
体力維持 (16)
家族 (15)
美容 (2)
老人 (6)
旅行 (4)
菜園 (3)
旅 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。